スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
牛フィレ肉のステーキ(ジェノバソース編
前回牛フィレステーキのレシピをのせましたが、今回は、そのステーキソースを生バジリコを使った、ジェノバソースで代用したいと思います。
ステーキの作り方は、前回のステーキの焼き方と同じです。
ステーキに使われるレシピも材料もほとんど同じですが、ただトマトソースをジェノバソースに変えます。
僕が見かけたのはよくイタリアン料理では牛タルタル(カルパッチョCarpaccio風)などのソースとして、生肉料理用のソースで見かけたのですが、前回のステーキレシピでもこのジェノバソースを使っても美味しく出来たので紹介します。
ただミキサーかフードプロセッサが必要ですので忘れずに。
前に一度ジェノバソースのせてますのでこちらからどうぞ。(塩・コショウの分量は、あらかじめステーキ肉に塩・コショウしてあるので加減してください。少量でいいと思います)
今回ももう一度材料だけ載せときます。


ジェノベーゼの材料

・バジルの葉                30~40g(倍量でもかまいません)
・ニンニク                  2片
・松の実                  15g 
・アンチョビ                 2~3枚
・パルメザンチーズ            大さじ2
・オリーブオイル or ピーナッツオイル  適量(50~100cc前後)
・塩、コショウ               適量 

ペストジェノベーゼの作り方はこちらから



イタリアンレシピTOP
スポンサーサイト
【2008/09/20 14:57 】 | イタリアンレシピの肉料理編 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ラザニアレシピ(生地編) | ホーム | 牛フィレ肉のステーキ(トマトソース)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。