スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
バーニャ・カウダ(Bagna Cauda
バーニャカウダのレシピ紹介します。
イタリアン料理は和食と共通している部分がいくつかありますが、その中でも食材の美味しさをシンプルなレシピで調理法で、生かすというやり方は、一番共通する大切な部分だと思っています。
そのイタリアン料理の中で、野菜をごくシンプルに味わうことが出来るレシピがあります。

それが、バーニャカウダ(Bagna Cauda)です。
バーニャカウダとは、バーニャが「ソース」、カウダが「熱い」だそうですが、その名の通り、オリーブオイルとアンチョビ・ニンニク風味のソースになります。
そのバーニャカウダのソースにお好みの野菜をくぐらして食べるいわゆる、チーズフォンデュに似た
料理でもあります。

バーニャカウダは栄養もたくさん取れて、体が温まる一品でかつ非常に簡単に出来ます。
では、バーニャカウダレシピいきます。


材料(2~3人前)


・オリーブオイル 300cc
・アンチョビ   5匹
・にんにく           2個
・バター     15グラム
・好みの野菜(プチトマト、アスパラガス、キャベツ、ジャガイモ、にんじん・・・)
などなど、色々な野菜を試してみてください。イタリアンなら、ラディッシュもおすすめです。


1.ニンニク・アンチョビは、それぞれ微塵に。オリーブオイルをいれ、ニンニクでガーリックオイルを作る
要領で作りましょう。途中でバターを加えて、香りづけもしっかりしましょう。


2.野菜類を下ごしらえし、軽く、塩を入れた湯で火入れします。


3.それぞれできた、オイルと野菜を皿に盛り完成です。



バーニャカウダは、人によって多少レシピが変わってきます。
その中でも、ニンニクを、牛乳に漬ける調理法や、全てをミキサーにかけ、ペースト状で食するやり方。
また、香草類をたっぷりいれて、召し上がる方もいます。
今回のは、一番シンプルで簡単なレシピすが、バーニャカウダレシピの中でも一番すきな食べ方なのでのせました。
その代わり、アンチョビとニンニクを多めに入れてます。
自分の好みの味をみつけてみてください。



イタリアンTOP


スポンサーサイト
【2008/08/27 00:43 】 | 栄養満点!!バーニャカウダレシピ | コメント(1) | トラックバック(0)
<<ミートソースレシピ(オレ流作り方) | ホーム | ぺペロンチーノ簡単レシピ>>
コメント
バーニャ・カウダ

美味しいですね
お野菜がたくさんいただけます

素敵なレシピ有り難うございます
【2008/08/27 08:09】| URL | ryuji_s1 #.FTrCIao [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。