スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
アーティチョークのパスタ
先日、アーティチョークを手に入れました。
アーティチョークは和名を「挑戦アザミ」といいます。なかなか使い慣れない食材だけに、料理に悪戦苦闘しましたがアーティチョークはあの苦味が大好きなのでこれをパスタレシピに応用してみると、結構おいしいパスタが出来ました。
ちなみに結構立派なアーティチョークだったのですが、これをパスタレシピに応用する場合は、大きめのアーティチョークの茎は固くて食べれないので、下処理の段階で取り除いたほうがよいです。
では、アーティチョークを使った簡単パスタレシピいきます。


材料(一人前)
パスタ 120g
アーティチョーク      2個分
レモン汁        適量
トマトソース           80cc 
ニンニク        1片
生バジル         5~6枚
パセリ微塵        1/3分
鶏もも肉        50g
バター 20g
塩、コショウ 適量

アーティチョークの下処理法
1.アーティチョークの表面の固い皮を包丁でこそげ落とすようにして、むいていきます。中央にあたる、繊毛は食べられないのでこちらも取り除きましょう。大きめのアーティチョークなら、茎は取り除きます。
  (茎をつけたままむきましょう。ちょうど球根みたく、株のままのにんにくみたいな形になります)


2.しっかりとアーティチョークの固い皮を取り除いたら、レモン汁に目安10分位しばらくつけましょう。変色防止です。
アーティチョークを漬け終わったら、そのままレモン汁ごと、20分程アーティチョークを弱火にかけます。レモン汁はちょうどヒタヒタになるくらいまでの量です。


3.火がはいったら、氷水で冷ましましょう。これで一応下処理は完了です。薄くスライス、または賽の目に、きっておいてください。


4.ここで、パスタ用のお湯を沸かしましょう。ニンニクは、微塵に。バジルを適当な大きさに手でちぎり、パセリもレシピの分量を微塵切りにしておきましょう。そして、鳥もも肉は、丸ごと皮面からしっかりと火が入るように焼いておきましょう。冷めたら食べやすい大きさに切り分けておきます
   
  
5.オリーブオイルをしき、ニンニクを香りが出るように弱火でいためた後、パセリ微塵、バジルを入れ切り分けたアーティチョークを炒め、トマトソース、先に焼いて切り分けておいた鶏肉を加えます。


6.香り付けにバターを入れてさらに炒めたら、パスタのゆで汁を加えてしっかりと乳化させ、ソースを作ります。


7.火を止め、パスタを加えて絡めたら完成です。


・調理法でトマトソースが面倒な場合は、トマトを丸ごと使って頂いて構いませんし、また、
レシピ中、生クリームを加えたらより濃厚なソースに仕上がります。
トマトソースレシピはこちらから!!


イタリアンTOP
スポンサーサイト
【2008/08/12 13:29 】 | イタリアンパスタレシピ紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<乳化に関するお話 | ホーム | 夏野菜を使ったズッキーニのオイルパスタレシピ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。