スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ぺコリーノロマーノ&パルメザンパスタ
ぺコリーノチーズを使ったパスタレシピを紹介します。単にトマトソースがベースでぺコリーノと、パルメザンの二種類のチーズを使ったパスタなのですが、他に生クリームとバターを使うのでより濃厚なパスタに仕上がると思います。
ぺコリーノロマーノはパルメザンよりの若干塩気が強くて、香りもパルメザンより強いです。
原料は羊の乳で、ぺコリーノの後に続く、ロマーノ以外、トスカーナや、シチリアーノなどそれぞれのイタリアの地方によって呼び名が変わるようです。ちなみに今回はたまたま、ぺコリーノが余ってしまい、かつより濃厚なパスタが食べたいと思い作ってみました。結構簡単で、ここまで濃厚なパスタが出来上がったのでビックリです。
それもぺコリーノを隠し味に使ったためだと思いますので、パスタレシピ紹介します。



ぺコリーノパスタレシピ


材料(一人前)
・パスタ                 100g
・バター                 10g
・パセリ                 10g
トマトソース(ホールトマトでも可)  80cc
・生クリーム               30~40cc
・ぺコリーノ               20g
・パルメザン               20g     
・黒コショウ               適量

 
1.パスタのお湯を沸かします。パセリをみじん切りにしておきます。


2.フライパンにバターを入れ、パセリ微塵を香りが出るように弱火で炒め、次にトマトソースを入れ軽めに煮詰めます


3.2に生クリームを入れ、パスタの茹で汁で塩加減を調節したら火を止めパスタを入れます


4.3.に卸したぺコリーノチーズ、パルメザンを入れ皿に盛ったら上から黒コショウを散らし完成



ぺコリーノロマーノとパルメザンは必ず二種類使うのがコツです。逆にいえば、別の二種類のチーズでも代用可能ですが、やはり味がうるさくなるし、まとまりがでないと思います。ぺコリーノと、パルメザンは卸したときの味や風味はよく似ていますから。
トマトソースの変わりにホールトマトや、フレッシュトマトでもかまいません。そして、パセリの変わりに微塵にしたバジルとか。ただ、ホールトマトにした際は多少味に、深みを持たせるために、レシピ中のチーズを加えるところで一緒にバターを適量再び加えると、濃厚にできます。


イタリアン料理TOP

スポンサーサイト
【2008/03/12 16:36 】 | イタリアンパスタレシピ紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<簡単!本格ミネストローネレシピ | ホーム | ポルチーニパスタ(ポルチーニ茸は最高の香り)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。