スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ブカニエラ
ブカニエラとは、海賊風という意味です。パスタの種類としては、ぺスカトーラとほとんど同じなのですが、レシピと後は、最後の味の決め手として、スープ・ド・ポワソン(魚のアラだし)
を入れることにあります。

ブカニエラのパスタ自体のレシピ材料としては、ぺスカトーラとほぼ変わらないのですが、ここでブカニエラの名前自体、海賊風ということもありその魚介類をいためた汁、にスープ・ド・ポワソンを入れることによって、さらにパスタの魚介からでる旨みに統一感を、持たせるわけです。

このブカニエラとぺスカトーラの味の違いとレシピの区別はあまりつかないのですが・・・僕自身もよくわからぬままとりあえずスープ・ド・ポワソンをいれたところ結構味に違いが、出てきました。
ここが両方のパスタの味の違いだと思われます。

ブカニエラは、ぺスカトーラ同様にかなりボリュームのあるパスタなので、スープ・ド・ポワソンを使った味の違いを比べてみてください。


材料(1人前)

パスタ           100g

玉ねぎ           1/3玉

ニンニク微塵        2片分

唐辛子           一片            

海老            4匹

ムール貝          2匹

イカ            1/2パイ

わたり蟹          一匹

アサリ           50g

アサリ汁          適量

白ワイン          適量

スープ・ド・ポワソン    40cc

トマトソース        60cc

バター           10g

オリーブオイル       適量

塩、コショウ        少々




1.パスタ用のお湯を準備します。


2.玉ねぎを炒めペースト状にし、別のフライパンに、ニンニク、唐辛子、を香りが出るように
 弱火でじっくり炒めます。


3.海老、ムール貝、イカ、わたり蟹、を炒め塩・コショウし(ぺスカトーラでは抜けていたようで)
  白ワインを入れた後、スープ・ド・ポワソンを入れます。


4.そして、トマトソースをいれ、バターを最後にパスタ用のお湯で、塩加減を調整して、完了です。


ブカニエラの材料の時も、やはり焦がしには十分注意してください。
あと、ニンニク微塵をニンニクオイルに、玉ねぎを玉ねぎペーストにしておけばレシピも楽になります。
あとは、魚の身をほぐして入れたり、その他の魚介類をつかってもおいしくいただけると思います。
スカンピ・ポモドーロのレシピも参考になされてください。



イタリアン料理TOP


スポンサーサイト
【2007/10/01 10:44 】 | イタリアンパスタレシピ紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ゴルゴンゾーラを使った二種のパスタ | ホーム | スカンピ・ポロモード>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。