スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ペスト・ジェノベーゼ(パスタレシピ)
イタリアン料理で頻繁に使用される香草として、まずバジリコ。オレガノ、月桂樹、セルビア・・などがあります。
このイタリアン料理で使われる香草の中でも、特に好んで食すのがバジリコです。
イタリアのジェノバ産が、最高級品とされ、ペスト・ジェノバを調理する祭、あのむせ返るようななんともいえない独特の香りは、バジル好きの僕のとって料理と共に最高に、食欲をそそりる瞬間です!!

おそらく、イタリア産とはいえ、シソ科の一種である事から、特に香りが強い香草なのだと思います。
食欲増進や、消化促進にも効果がありますので、体にも良いイタリアンレシピです。
ただ、、やはりとり過ぎはいけませんが・・・。
では、ジェノベーゼレシピいきます。



材料(2~3人前)

・バジルの葉              30~40g(倍量でもかまいま                          せん)
・ニンニク               2片
・松の実                15g 
・アンチョビ              2~3枚
・パルメザンチーズ           大さじ2
・オリーブオイル or ピーナッツオイル  適量(50~100cc前後)
・塩、コショウ             適量 


1、まずはミキサーまたはフードプロセッサ(たぶん家庭にはなかなか準備し  ていないかと・・)か、すり鉢でも
  可能ですので、準備します。


2、準備した攪拌器のなかに、まずはニンニク、松の実を入れすりつぶしま   す。次に、アンチョビも入れます。


3、次にバジリコをいれて、全ての食材をよく攪拌します。そしてオリーブオ  イル等で、程よくペースト状にしてい
  きます。


4、仕上げにチーズ、塩コショウで味を調えます。



・ポイントというか、さらに一手間加えるのなら、松の実を少しだけ煎って香りを出してあげたり、また、保存用に作る場合ですとバジリコについた水分というのは、ソースが腐る原因になりますので、できるだけふき取るといったさぎょうをすれば、長持ちします。 イタリアン料理全般で使える、ペストですので、保存用に作られると重宝します。
ペスト・バジリコっていかにも・・・・イタリアン!てな、感じのソースじゃないですか!?
 イタリアンパスタでは、温かいパスタ以外にも、冷たいパスタにも使えます。僕はよく冷製パスタとして食すこと
 が多いですが、こちらのほうが、バジリコの香り、松の実の香り、アンチョビの隠し味が、より引き立つので、
 冷静はオススメです。若干作り方に、コツがいりますが、ぜひ挑戦してみてください。




イタリアンレシピTOP


スポンサーサイト
【2007/08/25 17:00 】 | イタリアで通じる、ペストジェノベーゼ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<パスタ、ペスカトーラ | ホーム | トマトソースレシピ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。