スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
イタリアン料理について。
イタリアン料理や洋食なんかは、最近よく家庭で作られるようになってきました。イタリアン料理レシピについての書籍なんかもずいぶん、出回っているようです。
イタリアン料理は一般的に、パスタやピザなんかが代表的なものとして、知られていますが、基本的にイタリア料理はフレンチなんかと比べて、その素材を上手く生かした料理手法または、レシピが特徴だと思います。
ご家庭で作るイタリアンなら、パスタやシンプルなイタリアンサラダが簡単ですし、レシピも作りやすいので、載せます。
イタリアン料理はどちらかといえば、日本の料理手法に似ているかもしれません。
例えば、イタリアは魚介類も豊富ですから、肉料理や魚料理にそのまま、料理の素材にそのままの感覚で塩コショウだけの味付け、オリーブオイルや、バルサミコ酢を料理にたっぷりかけたり、カツレツや、カルパッチョアクアパッツァやトマトソースオンリーだったり・・・ですが今のフレンチコース料理の元となったと言っても過言ではない、イタリアン料理はやはり和食と同じくとても奥が深いです。しかしここでは、簡単レシピを載せます。

イタリアではバールですか、日本でいうカフェなんかも最近では、多く出店していますし、また、日本人のバリスタも多く輩出されています。とてもいい傾向ですね、ぜひとも日本人バリスタたくさん出てきてほしいです。。

またイタリア料理には、やはりその土地で料理も変わり、北欧、南欧とわかれていますが、日本でなじみのあるイタリアン料理はほぼ南欧料理に分類されるのではないでしょうか。
北イタリア料理いわゆる、北欧料理では、フランスやスイス料理の影響を受けて、バターや、生クリームを使った料理が多いようです。
またチーズもとてもおいしい、イタリアですが、その種類も豊富で、代表的なチーズとしましてモッツァレッラチーズ、マスカルポーネ、リコッタチーズ、塩味が特徴のぺコリーノ、パルミジャーノ・レッジャーノなどその種類は実に様々です。
カプレーゼや、パスタやピザにたっぷりかけて食したり、そのイタリアン料理ではその用途は、たくさんあります。

香草もイタリアン料理では多く使われます。日本では乾燥で売られていることが多いですが、料理の味をより引き立てるために、生(フレッシュハーブ)を使ってみるとよりおいしくできます。ここで載せるイタリアン料理のレシピでも香草をたくさん使ったレシピを紹介したいです。フレッシュハーブは本当においしいです。
香草のほとんどは、雑草と同じなので、家庭菜園にでも植えておくとすぐに栽培できるのでぜひ試してみて下さい。そして料理レシピで大いに活用していただきたいです。

このように、色んな特徴のある、イタリアン料理ですが、ここでのせる料理はあくまで、簡単にできる料理を中心に載せたいと思います。
パスタなんて、少しコツを覚えてしまえば自分流にアレンジすることが、可能ですし、また、ピザなんかも、自分で本格的に生地まで作ってしまえばより簡単(ピザ生地はとても簡単です)に本格的な味が楽しめます。


六本木のキャバクラ求人なら
求人なら六本木キャバクラへ!

六本木クラブ求人なら
求人なら六本木クラブへ!

八王子キャバクラ求人なら
求人なら八王子キャバクラへ!

千葉キャバクラ求人なら
求人なら千葉キャバクラへ!

キャバクラ求人なら
求人ならキャバクラバイトへ

イタリアン料理のTOP







☆シンプルサラダ

材料(3人前)

・レタス               2~3枚
・サニーレタスorロメインレタス    2~3枚
・トレビス              1枚
・べビリーフ             適量(葉野菜が数種類子袋に入っているアレです・・スーパーで販売してます)
・セルフィーユor生バジル       適量
・チコリ               適量
・水菜                適量
・塩、コショウ            少々
・サラダドレッシング         適量


1:チコリを1cm幅に千切ります

2:全ての野菜と香草を、水気をしっかりときり混ぜ合わせます

3:塩コショウを入れ(少なめに!)混ぜます

4:サラダドレッシングを入れ再度混ぜます

5:お皿に持った後、少しだけ・・ドレッシング!


たったこれだけですが実は、シンプルなだけにポイントがあります。
ここをはずしたら、ただのべチャべチャサラダに・・・。。

★水気はしっかりきりましょう(もう一手間なら水気を切った後、タッパ等に入れ数十分冷蔵庫で寝かせます)
★混ぜ合わせる時は、優しく丁寧に・・葉が傷つかないように!!
★2&4の工程での塩コショウと、最後にドレッシング一かけは、重要!!(普通サラダに塩コショウ??と思うかも知れませんが・・味かわります!!ホントに!)

ぜひこのポイントを抑えながら作ってみてくださいね(^-^)

ドレッシングに関しては市販の物でかまわないです。ただ、それではおもしろくないので次に手作りドレッシングのレシピも載せていきますから、お楽しみに・・・☆

画像もそのうちに・・・

スポンサーサイト
【2007/05/02 16:17 】 | 始めに。簡単なイタリアンサラダレシピ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お料理レシピ2 | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。