スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
トマトとモッツァレラチーズのピザ
今回は一番シンプルなピザレシピ「トマトとモッツァレラチーズのピザ」レシピを紹介します。
まずはピザ生地を準備していただくところから始めていただきます。
そして、トマトはなるべく完熟のモノを使用してみてください。
こちらのトマトとモッツァレラチーズのピザはピザ生地とトマトソースさえあれば簡単に作る事ができますのでレシピを参考にピザレシピの第一歩として是非挑戦してみてください。
ピザ生地はこちらから


材料
ピザ生地        1枚分(参照) 
トマトソース       150cc
完熟トマト        2個
モッツァレラチーズ   1パック(100g程度)
生バジル        5~6枚


1.ピザ生地、トマトソースを準備します。
ピザ生地はのばしたら、10分程度おいておきます。


2.一枚分を30cmに薄くのばしていきます。トマト・モッツァレラチーズはお好みの厚さにスライスしてください。


3.ピザ生地にフォークで数箇所穴をあけ、230~250度のオーブンで2~3分焼きます。


4.焼いたピザ生地を取り出し、上からトマトソース、トマト、モッツァレラチーズの順にのせていきます。


5.同じく230~250度のオーブンで4~5分程度焼いていきます。一度取り出し、バジルの葉をのせムラ無く仕上がるようにピザをまわしてやります。ここから再度2~3分程度状態を見ながら焼いていきましょう。


6.こんがりと焼き色がついたら取り出し、適当な人数分に取り分けたら完成です。


・ピザ生地に穴をあけるのは途中膨らむのを防ぐためなので忘れずに。ピザ生地をのばしてから一旦寝かせてあげましょう。
もし面倒ならねかせずにそのまま使って頂いてもかまいませんので・・。
バジルは焦げが心配だったら最後にのせて構いません。


池袋ビキニガールズバー☆セクシーガールズ

イタリアンレシピ集TOP
スポンサーサイト
【2009/02/21 16:47 】 | イタリアンの定番!ピザレシピ | コメント(1) | トラックバック(0)
ピザ生地レシピ(簡単にできるピザ生地レシピ)
ピザ生地レシピの紹介です。ピザは子供から大人までイタリアンの人気メニューですが、
よくイタリアンレストランや、宅配ピザなどで見かけるピザはとても難しくみえますよね。
実はピザは生地の作り方さえ覚えてしまえばそこまで、難しくはないんです。
むしろピザ生地つくりは材料さえあれば簡単にできると思います。
ここではトマトソースを使ったピザ作りや、アンチョビや生ハムといった定番の食材を使ったピザレシピを紹介していきたいと思いますので、ここでピザの作り方を覚えて家庭でもお試しください。


ピザ生地(20センチ位が7~8枚分)
強力粉       300g
薄力粉       200g
ドライイースト   6グラム
塩         15g
ぬるま湯(30℃位)270cc
オリーブオイル   30~40g
 
1.強力粉・薄力粉をふるいながらボールに入れて、混ぜ合わせます。次いで、ドライイースト・塩を入れ混ぜます。


2.1にぬるま湯、オリーブオイルを入れ混ぜ合わせていきましょう。ここから手を使って一まとまりに形成できるまでピザ生地を混ぜ合わせます。一まとまりになれば一旦ボールから取り出し、台の上で広げ再び丸めます。
ここまでの作業を2~3回繰り返しましょう。


3.ピザ生地ができたら、再び丸く形成し、大きめのボールにもどしラップをして20~30度前後の暖かい場所でピザ生地を寝かせます。目安1時間程度です。


4.ピザ生地がふっくらと膨らんでいれば、ボールから取り出し、4~5分割にして空気を抜くようにしながら再び丸く整形していきます。丸めたピザ生地をそれぞれラップで2重にしバットなどに並べ、再び30分程度寝かせましょう。


5.ここまでで、ピザ生地作成は完成です。ピザを作る場合には出来上がったピザ生地をお好みの大きさに麺棒で広げピザ生地の具材をのせる面にフォークなどで穴を数箇所あけオリーブオイルを少量塗り、4~5分ピザ生地のみを焼きます。
焼き終わったら、具材を載せて再度焼いていきましょう。


・出来上がったピザ生地は、冷蔵庫または、冷凍庫でも保管できます。たくさん作って、保管してもいいですし、まだ作りなれないならピザ生地レシピの材料を1/3位に少なくして、少しづつ作っても構いません。
ピザ生地作りのコツはレシピ2・3の丸める形成で、ムラができないようにしっかりとこねる事です。一度ピザ生地が形成できたら台の上で叩きつけるようにしながら生地を作ると、良い生地が出来上がります。手作りピザは市販のモノとは比べものにならない位旨いのでオススメです!!


超高級キャバクラで働くなら六本木超高級キャバクラ求人
体験入店&全額日払いなら六本木キャバクラ求人体験入店&全額日払い
出張相談をご希望なら六本木キャバクラ求人出張相談所
超高収入を目指しているなら六本木キャバクラ求人超高収入セレブライフ
ナイトワーク初心者におすすめ六本木キャバクラ求人初心者にも優しい入門センター
有名店高級店で働きたいなら六本木有名店高級店専門キャバクラ求人
キャバクラ求人情報が欲しいなら六本木キャバクラ求人無料情報館
高収入キャバクラを簡単に探すなら六本木高収入キャバクラ簡単検索
日払いキャバクラ求人なら六本木キャバクラ求人日払いおまかせGOGO
信頼出来る紹介サイトなら六本木キャバクラ求人無料紹介所


イタリアンレシピ集TOP
【2009/02/14 12:35 】 | イタリアンの定番!ピザレシピ | コメント(1) | トラックバック(0)
きのこペースト
今回はきのこを使った間単にできるペーストの作り方を紹介します。
このきのこペーストは、パンにはさんで食べてもいいですし、これとチキンのブロードとを溶かしてスープにしたり、
いつものパスタレシピにきのこペーストを混ぜたり、ソースなどにも使えるのでとても便利なレシピです。

材料
きのこ数種類    それぞれ1P
ニンニク      1片
松の実       中さじ1 
バター       20g
醤油        少量
玉ねぎペースト   大さじ1


1.きのこは石突をそれぞれ取り細かく刻んでおきましょう。たまねぎは薄くスライスし、あめ色になるまでバターで炒め
ておきましょう。刻んだきのこも、フライパンで炒めておきます。


2.ミキサーを準備し最初に松の実をいれ細かく攪拌し、次いで炒めたきのこ・にんにくをいれ最後に玉ねぎペースト、醤油で味付けします。


・出来上がったきのこペーストは、熱湯消毒した蓋付きの空き瓶などに保存しておくといいかと思います。
だいたい2~3週間くらいはもちますので。



イタリアンレシピ週TOP
【2009/02/12 17:04 】 | 始めに。簡単なイタリアンサラダレシピ | コメント(0) | トラックバック(0)
トマトのブルスケッタとチーズペースト
トマトとチーズのペーストと、ブルスケッタを紹介します。どちらの簡単レシピもイタリアン料理では前菜(アンティパスト)でよく見かける料理です。
実は両方ともイタリアン料理で初めて意識的に食べたのが、この二つの料理でした。
トマトのいわゆるケッカソースのブルスケッタと、チーズディップですが家庭でミートソーススパゲティしか食べたことのない僕からしてみたら衝撃的な味でした。
トマトととても合うオリーブオイルと生バジルのなんとも言えない香り、初めて食べるオリーブの実やアンチョビの塩気、そしてブルーチーズの独特の味わいなど、トマト以外に今までに食べた事のない食材ばかりで、これがイタリアンや、フランス料理の世界か!!と衝撃を受けました!
今回のトマトのブルスケッタ、チーズディップはどちらもバケットにニンニクをこすりつけ、それに付けて食べるタイプになりますので、ランチや、パーティなどの料理にはもってこいの簡単レシピですので、ぜひ試してみてください。



材料
・チーズペースト
リコッタチーズ     100g
ブルーチーズ      80g
オリーブの実      5~6個
ピクルス         大さじ1 
赤・黄ピーマン     それぞれ1/4個
アンチョビ        3尾 
生バジル        4~5枚
セロリ          1/3本
黒粒コショウ      適量
オリーブオイル     適量 

1.それぞれ、オリーブの実、ピクルス、アンチョビ、セロリはみじん切りにし、パプリカは一度網焼きにし表面の皮を黒く焦げるまで焼きます。
パプリカに火が入れば皮をむき、細かくさいの目切りにします。リコッタ・ブルーチーズはそれぞれ手で細かくちぎっておきます。


2.1をそれぞれボールに入れ、オリーブオイルを入れながらヘラ等でペースト状になるまで混ぜ合わせていきます。黒粒コショウも入れ味をととのえ完成です。



・トマトブルスケッター
完熟トマト      3個
エシャロット     2個(玉ねぎの場合は1/2個)
ケッパー       大さじ1
ピクルス       大さじ1
アンチョビ      1尾
ニンニク       1片
生バジル       2~3枚 
塩・コショウ     適量
オリーズオイル    適量


1.完熟トマトは皮を湯むきし、中の種を取り除き賽の目切りにします。エシャロットはみじん切りにし、水に漬け、ケッパー・ピクルス・アンチョビ・もみじん切りにします。ニンニクはすりおろしておいてください。


2.エシャロットは水気をしっかりときり、1の材料と一緒にボールにいれましょう。生バジルは手でちぎり、塩・コショウで味付けします。仕上げにオリーブオイルも入れ混ぜ合わせ完成です。


・それぞれバケットを用意して、手間でなければニンニクを半分にしたものをバケットの断面にこすり付け、できあがったトマトブルスケッタとチーズペーストと別添えで提供します。ニンニクオイルなどを添えてもおいしく頂けます。




イタリアンレシピ集TOP
【2009/02/10 09:26 】 | 始めに。簡単なイタリアンサラダレシピ | コメント(0) | トラックバック(0)
手作り生パスタ、「トルテッロ」
生パスタレシピ最近のせてなかったです。今回は、「トルテッロ」の紹介です。
イタリアンでは、生パスタの「トルテッロ」とは円形のパスタで、中に具材なども詰め込んだパスタという意味だそうです。
生地は同じく生パスタ用の生地で包んでいます。レシピに特に変わりはないです。
トルテッロだけではなく、この包みこむ感じの生パスタレシピはソースと別添えにできる所が大きな特徴であり、少し見栄え良く見せてくれますよね。
少し手間のかかるパスタレシピですが、ちょっと豪華なパスタレシピですので覚えるといろいろと応用ができると思いますのでぜひお試しください。


材料
パスタ生地    参照(強力粉150g、卵1個、80cc程度)

詰め物具材
牛or豚ミンチ   100g
レバー      50g
玉ねぎ      1/2個
ニンジン     1/2本
セロリ      1/2本
赤ワイン     適量
ニンニク     1片
バター      20g
パルメザンチーズ 100g
全卵        1個

ソース
玉ねぎペースト  大さじ1
生クリーム    100cc
バター      10g 
フォン・ド・ボーorデミグラスソース  30cc


1.パスタ生地を作っておきます。玉ねぎ・にんじん・セロリ・ニンニクはみじん切りにします。
レバーも同じく細かく刻んでおいてください。


2.フライパンにニンニク・玉ねぎ・にんじんをいれ弱火でいためます。ついで、ミンチ・レバーもいれいためます。
ある程度火が入れば、赤ワインをいれアルコールを飛ばし、塩・コショウします。仕上げにバターを入れます。


3.2を冷ましボールにいれパルメザンチーズ、卵をいれよく混ぜ合わせましょう。そうしたら、縦・横約30センチ幅にパスタ生地を2枚準備しておきます。


4.ボールの具材をホイップクリームの絞り袋などに入れ、大さじ1杯分ぐらいずつ1枚目のパスタ生地に分けていきます。
すべての具材を均等に分けたら、上からそっと2枚目の生地をかぶせます。パスタカッターで一人前ずつ切り分けていきましょう。


5.パスタソースを先に準備します。フライパンにバターをしき玉ねぎペースト、生クリームをいれよく混ぜ合わせ仕上げにフォン・ド・ヴォーまたはデミグラスソースを入れ仕上げます。


6.次に4のパスタをゆでていきましょう。目安5分弱程ゆで、浮き上がってきたら取り出しましょう。
皿に先にパスタソースを円形に盛り付け、上から茹で上がったパスタを盛り付けたら完成です。



・パスタソースのフォン・ド・ボーやデミグラスソースは市販品でもいいと思います。もちろん手作りを常備されていたらこちらを使ってください。格段に味が違いますので。お好みで、バジルの葉や、パセリなどを盛り付け彩りよく仕上げてください。



イタリアンレシピ集TOP
続きを読む
【2009/02/08 18:30 】 | 簡単生パスタレシピ | コメント(0) | トラックバック(1)
スポンサードリンク
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。