スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
カルボナーラレシピ
今回は、クリームパスタレシピを紹介します。クリーム系のパスタといっても様々でトマトや明太子、サーモンを使ったクリームパスタがありますが、今回は基本のカルボナーラの作り方を紹介しようとおもいます。
カルボナーラは、作り方によっては混ぜた卵黄が火を入れることにより、ぼそぼそになったり分量を間違い、味があまりよろしくないカルボができてしまったりと、食材は単純なものですが、以外にレシピは奥が深く難しいものです。
そこで、今回は簡単かつ失敗しないカルボナーラレシピを紹介しようと思います。
要するに火を入れすぎない、塩加減・・・・ここだと思いますので。あとは、ブラックペッパーも味の決め手になります。
僕は基本的にカルボに、玉ねぎの組み合わせが好きではないのでここでは玉ねぎなしのカルボレシピを紹介します。


☆カルボナーラレシピ


材料
・パスタ      300グラム(一人100グラム)
・卵黄       2個
・生クリーム    120~150ml
・粉チーズ     大さじ5
・ベーコン     4~5枚
・酒(白ワイン)  小さじ2
・しょうゆ     適量
・バター      10グラム
・塩、黒コショウ  適量


1、パスタを大目のお湯で茹でます。(パスタのゆで汁はいつもより多少塩多めで準備してください)
多少、固めにゆでておくと後で調整しやすいです。

2、次にあらかじめ、カルボナーラのソースを作っておきます。卵黄、生クリーム、粉チーズを先に混ぜておきます。

3、ベーコンを弱火でいためます。この時にカリカリとまではいかなくても、よいので多少長めに炒めてください。(旨みを出すため)

4、肉(ベーコン)の臭み消しのために酒をいれます。アルコールを飛ばしたのち、カルボのソースを加えます。

5、次に、パスタを加え最後に、ブラックペッパー、で味をととのえバターを加え、やはりここでも醤油を加えます。(塩加減が足らない場合は必ず茹で汁を使い調整してください)

6、器にもり、さらに上から粉チーズ、黒コショウをふりかけます。



レシピのポイントは、ブラックベッパーです。なんといっても、挽きたての物を使うと、味がまたかわってきます。
後は、ベーコンと生クリーム。ベーコンは、パンチェッタと呼ばれる豚肉の塩漬けを使うとさらに味に深みがでます。そして茹で汁で塩味をつけるさいには、汁を入れた後、よく混ぜ合わせるようにします。
バスタを加えた後に、少し汁気が残るようでしたら強火にして汁気を飛ばしてください。
けして、火をいれすぎないように・・・・卵が固まるうえ、全ての風味がとんでしまい失敗しちゃいますから(汗)
フィットチーネまたは、リングイネを使えばさらに本格的になりますね。濃厚ソースにはもってこいですから。
火加減、塩加減に注意してつくれば、美味しいカルボナーラできますよ!
---------
鹿児島・大山のセクシーキャバクラ案内と言えば
大山のセクキャババイト情報についてまで。
札幌・釧路のセクキャババイトなら
釧路セクキャババイトの情報までどうぞ
http://xn--nckd9a8e8d0434au8m.net/sapporo-seku2.php
沖縄のセクシーキャバクラの一覧なら
http://xn--nckd9a8e8d859s8g5bbta486j.biz/
------------
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/06/19 13:54 】 | カルボナーラ&チーズカルボ | コメント(0) | トラックバック(1)
パスタレシピの基本
基本のバスタレシピ紹介します。
ぺぺロンチーノ、別名アーリオ・オーリオですね。ご自分の作り方をマスターすればそこから様々に洋風から、和風へと変化をつけて作っていけます。
簡単レシピですが、なかなかに奥が深いパスタです。ちなみに本場イタリアでは、ペペロンチーノ・・・見かけないそうですね。。日本で考えられたパスタのようです。
僕はアンチョビ入りが好きなので、それを加えたレシピを紹介していきたいと思います。
やはり決めてはオイルソースを作る際の、、茹で汁!ここのソースの作り方です!


☆ぺぺロンチーノレシピ(3人前)

材料

・パスタ            300グラム
・エクストラバージンオイル   適量
・刻みニンニク         一片半
・鷹のつめ           一本
・アンチョビ          2枚
・刻みバセリ          大さじ1   
・茹で汁            100ml


1、まずは、多めの水に少し塩見を強めにし、お湯を準備しパスタを多少固めに茹でます。

2、そしてオイルをひき(少し多めに)最初にニンニクを弱火で、香りがよくでるよう、じっくりと炒めます。

3、次に鷹のつめ、アンチョビの順にニンニク同様炒めたら、パセリをいれます。この際、刻みパセリは、一気に火が入るのですかさず、茹で汁をたしてください。

4、茹で汁をたしたら、汁全体が白っぽくなるまでよく混ぜ合わせます。ここで、ソースのできあがりです。

5、次にパスタを入れからめたらできあがりです。


☆ポイントは、工程4です。汁を入れたらよく混ぜ合わせてください。油と水分を混ぜ合わせる感じです。
そうしたら白っぽくなりますので、かなり旨いソースができます。
これから紹介していくパスタレシピの中で、ほぼ全てに茹で汁をいれていきますが、やり方は全て同じ・・・僕は必ず、最後の調整として茹で汁で塩加減を整えつつ、ソースを作ります。
後、刻みパセリは、フライパンに入れたと同時に一気に香りたつので、おすすめです。
バジルなど他の香草で代用されてもいいとおもいます。

千葉にあるセクキャバ店なら
千葉県のセクキャババイト日記の一覧まで。
http://xn--nckd9a8e8dx72w9y3d.net/diary/diary.php
神田地区のセクキャバ情報なら
セクキャバ求人の事といえば神田情報はこちらまで。
宮城のセクシーキャバクラの案内についてなら
宮城のセクキャババイトの情報まで。
http://xn--nckd9a8e8d395znxf.net/miyagi-seku1.php
【2007/06/18 10:20 】 | ペペロンチーノ | コメント(1) | トラックバック(0)
パスタレシピ・・・まず始めに。
今回からパスタレシピも、のせていきます。僕が日ごろパスタを作る感覚としては、チャーハン作る感覚によくにてます・・・とりあえず冷蔵庫にある食材使って、みたいな。。
パスタ作りの基本は、すべて同じだと思うので(逆に言えば基本さえ押さえれば、いくらでも応用できる)ぜひチャレンジしてみてください☆


・パスタの種類
パスタは、普通のパスタから(2mm程度)フェデリーニ、カッペリーニとその太さによって様々です。
その他、きしめん状のフィットチーネ、ブカティーニ、ショートパスタでは、マカロニや、ペンネなど様々な種類があります。ここでは、普通にスーパーで売られている乾燥パスタ(パスタマシーンで作る生パスタなどは割愛させていただきます)を使ったレシピを、紹介していきます。



【2007/06/03 08:33 】 | イタリアンパスタレシピ紹介 | コメント(0) | トラックバック(2)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。