スポンサードリンク
         
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
トマトとズッキーニの夏野菜スープ
久しぶりに更新しました。皆さんここのイタリアンレシピ参考にされていてうれしく思います(^^)
今回の簡単イタリアンレシピはトマトとズッキーニを使った簡単にできるスープです。
夏野菜のみを使用しているのスープレシピですので体にもいいですし、何より簡単にできます!!簡単にできるところがイタリアンのいいところでもあります!だからイタリアンは好きです!
では、夏野菜のトマトスープのレシピです。


3~4人前
材料
トマト        2個
ズッキーニ     1本
たまねぎ      1/2個
にんにく       1片
鷹のツメ      1本
ホールトマト    1缶 
ブイヨン      300cc
砂糖        小さじ1


1.トマト・ズッキーニ・たまねぎは食べやすい大きさに切り分けます。
にんにくは丸ごと潰し、鷹のツメは中の種を取り除きます。ホールトマトは軽く手で潰して準備しておきましょう。


2.深鍋にオリーブオイルをしき、弱火でにんにくに火を入れ次いで鷹のツメもいれます。
オリーブオイルに香りが移ったら、たまねぎを炒め火が入ればズッキーニ、トマトの順に入れ塩・コショウし炒めていきます。


3.2に潰したホールトマトを入れ強火で軽く煮立たせ、最後にブイヨンを入れ再度煮立たせます。
一度煮立てたら、軽くアクをすくい砂糖を入れ20分程度弱火で煮込みます。


4.3が好みの煮加減になったら完成です。お皿にもり、オリーブオイルを少量回しかけ完成です。

 
・簡単に作れるトマトスープレシピです。簡単にできるスープなのでアレンジもしやすいです。例えば、もう少し濃厚なスープが食べたいときには、スープを煮詰める時間を長くし、最後にバターを加える濃厚に仕上がります。軽く生クリームやハチミツなどを加えても、おいしく頂けます。
ちょっとイタリアンレシピとはかけ離れてしまいましょうか・・・(^^;)
私は夏野菜を使った今回のトマトスープではピリっと辛くて軽いスープがよかったのでこのようなレシピになりました。
簡単にできて元気の出る夏野菜のイタリアンスープなのでぜひお試しください!!

サイト売買
サイトの売買をご検討の方はこちらへ
http://site-kaitori.biz/s-nikki1.php

ホームページ売買
ホームページ売買なら何でもお任せ下さい!!
http://site-kaitori.biz/s-nikki5.php

六本木のガールズバー
六本木のガールズバーの求人情報はこちら。
http://xn--mck2a4d4esdd.biz/ga-roppongi/

池袋のガールズバー
池袋のガールズバーのアルバイト募集はこちら
http://xn--mck2a4d4esdd.biz/ga-ikebukuro/

銀座のキャバクラ
銀座のキャバクラをお探しならこちらへ
http://kyabakura.mobi/ginza-kyabakura/

TOP 
スポンサーサイト
【2009/07/07 11:47 】 | スープレシピ | コメント(2) | トラックバック(0)
アサリの和風スープパスタ
寒い季節にぴったりの暖かいスープパスタレシピです。
ちょっとイタリアンレシピからは遠ざかり、、今回は和風に仕上げました。
パスタのベースになるのはイタリアンボンゴレなんですがこちらに、和風出汁と醤油を加えてスープ系のパスタに仕上げました。
風邪で食欲が湧かないときなど、アサリは栄養もとれますし体も温まりますのでオススメです。
ではアサリの和風パスタいきます。


材料
パスタ  100g
出汁   30cc
醤油   大さじ1
アサリ  100g
にんにく 1片
鷹のツメ 1本 
シメジ  1/2パック  
三つ葉  10g 



1.アサリは新鮮なモノなら砂抜きをしましょう。出汁は一番出汁を取ります。ニンニクはスライスに、シメジは石ずきを取ります。
三つ葉は刻んでおきましょう。



2.パスタ用のお湯を沸かし、フライパンにオリーブオイルをしきます。にんにく・鷹のツメを入れ炒めたらアサリを加え炒めます。
アサリの口が開いたら、シメジを入れ塩・コショウし炒め出汁を入れ蓋をし、数分蒸し煮にします。


3.2にパスタを入れ絡め皿に盛り、うえから三つ葉を添えて完成です。


・やはりですが、お好みでパスタにはパルメザンチーズを。更に洋風がお好みの方は、バターや(無塩)、白ワインを加えるとさらに洋風になります。
アサリは具も好きですが、何といっても美味しい出汁ができますので、この一番出汁と合わさったら結構美味しいスープができますし、簡単にできますので是非試してみて下さい。



イタリアンレシピ集TOP
【2009/01/10 16:33 】 | スープレシピ | コメント(0) | トラックバック(0)
白インゲンは、栄養満点ダイエット食材!!
最近ダイエット食品としても注目度の高い白インゲン豆ですが、イタリアン料理でも白インゲン豆を使った料理はたくさんあります。
白インゲン豆は、他の食材と共に、一日80グラムまで摂取すると体に良いようで、主食の炭水化物の変わりに・・・白インゲンみたいなスタイルダイエットでしょうか。その辺は、ちょっと無知ですみません。料理法として、やはり、水でもどす工程ははずさないようにしていただきたいです。
その中で今回は、白インゲンのエキスがたっぷりつまったスープレシピを、紹介します。
イタリアン料理など、西欧料理だけではなく、私達の身近な食材としても知られていますが(カレーなんかに入れると美味しく頂けますね)、以外に最近の若い人たちは、この白インゲン豆を知らない人が多いようです。
また、は一晩水につけてもどさないといけない為、面倒くさいというのも理由のひとつでしょうが・・。
しかし、先ほど記述したとうり、ダイエット食品にはもちろんのこと、栄養もふんだんにとれますし、風邪をひいた時などとても役立つ食材です。また、調理の仕方によっては、今まで思っていたインゲン豆のアジより、さらに美味しいインゲン豆の味があります。今回のスープレシピもそうですが、ぜひ一度試されてはどうでしょうか。



白インゲン豆のスープレシピ



材料(1人前)
・白インゲン豆     60g(一晩水に漬けもどしたもの)
・セロリ         30g
・玉ねぎ         30g
・ニンジン        30g
・じゃがいも       30g
・セージの葉      2~3枚
・パセリの茎      1本分
トマトソース      45cc
・塩、コショウ      適量
・オリーブオイル    適量



1.インゲン豆ともどした水をインゲン豆が浸る程度入れ鍋の火にかける。弱火にし、ニンジン・玉ねぎ(丁子切り)セロリの野菜類、パセリの茎を入れ塩をし煮込む。


2.白インゲン豆が柔らかくなるまでゆっくり煮込んだら、フライパンに、セージの葉をいれ香りが出るようによく炒め角切りにしたジャガイモを炒め、トマトソースを加え更に炒める。


3.1の野菜類を取り出し、2のトマトソースをインゲン豆を煮込んでいる鍋にいれ、塩、コショウで味付けし更に15分~20分程度煮込む


4.味がきまったら皿に盛付、上から適量のオリーブオイルを回しかけ、完成。


・レシピでは、玉ねぎ、ニンジン、セロリ・・いわゆる香味野菜と呼ばれる食材は、3で全て抜いてあります。
こちらは応用ですが、それら香味野菜は刻んで、そのままスープに入れてもいいかと思われます。
白インゲン豆主体のスープレシピですが、野菜スープに早代わりです。色々な応用が利くスープですので試してみて下さい。


イタリアン料理TOP

【2008/04/18 14:06 】 | スープレシピ | コメント(0) | トラックバック(0)
簡単!本格ミネストローネレシピ
ミネストローネはイタリアンでは知られているスープ料理レシピを紹介します。
イタリアンではプリモ・ピアット(第1の料理)としてスープ・パスタ・リゾットなどとして提供される、スープ料理の一つですが、ミネストローネは世間的にも良く知られています。
野菜もたっぷり使う事から健康にもいいし、ダイエット食にもなりますしなによりありきたりの野菜で簡単に作れます。市販で売られているミネストローネでも最近では味がいいのが出回っていますが、一から作るミネストローネは、また格別です。
今回はレシピ自体は簡単ですが、それでも食材は本格的なものを使用しています。もちろん代用してもらってもかまいません。例えばトマトソースなどがそうですが、今回はバジルを使ったジェノベーゼ風ミネストローネのレシピをのせます。


ミネストローネレシピ


材料(4人前)

・ニンニク       1片
・パンチェッタ     40g
☆玉ねぎ        70g 
☆ニンジン       50g       
☆ポワロ(ポロねぎ)  25g
☆ナス         50g
☆かぼちゃ       70g
☆ズッキーニ      60g
☆トマト        1/2個
・ほうれん草      70g
・ブイヨン(市販品可) 適量(400cc位)      
・生バジル       適量
・オリーブオイル    適量
・塩、コショウ     適量
・パルメザンチーズ   適量


1.ニンニク、パンチェッタは微塵に、レシピ中の☆印の食材は全てさいの目切りにしておく。お湯を沸かしトマトは湯剥きし薄皮を取り、ほうれん草はかるく下ゆでしきざむ。同時にブイヨンも用意しておく。
(なすのあく抜きも忘れずに)


2.フライパンでニンニク、パンチェッタ、玉ねぎ、ポワロを炒め、弱火でしっかりと炒める。


3.次に火の入りにくい野菜の順に、にんじん・かぼちゃ、なす、ズッキーニ、と炒めていき(中火)トマト、ほうれん草、きざんだバジルを加えた後、塩・コショウし、ブイヨンを加えます。


4.強火で一度煮立たせ、弱火にしたら、アクをすくいながら煮込んでいきます。


5.野菜が十分柔らかくなり火が入ったら、再び塩・コショウであじを整え、パルメザンチーズを加え、火を止め最後に、オリーブオイルを回しいれ完成です。



・まずはミネストローネの代わりとなる食材ですが、パンチェッタの代わりにベーコンやハム、ポロねぎの代わりに長ねぎ、その他そろえられない野菜の代わりは正直なんでもいいかと思います。(インゲン豆やジャガイモ、オリーブの実など)ブイヨンは通常使う濃度より、若干薄めに作ります。野菜を煮込んだら十分に旨味がでる、スープができますので、あくまで補助的な役割で、レシピ中ブイヨンは使用しています。ですのでブイヨンは使わずに、水のみでも十分おいしいミネストローネができます。トマトの代わりに、ホールトマトを使ってもいいです。
最後のオリーブオイルをまわしかけるのは、香り付けのためです。中華のごま油みたいな感じですね。
このレシピでは色々聞き慣れなかったり、そろえられない食材があるかもしれませんが、本当に冷蔵庫の中にあるありきたりな野菜類で代用できます。栄養もしっかりとれますし、ダイエットにもなりますから、オススメのレシピです。


イタリアン料理TOP

【2008/03/18 16:28 】 | スープレシピ | コメント(1) | トラックバック(0)
スポンサードリンク
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。